MOTO GUZZI サイドスタンド トンティーフレーム用

ITSオリジナルのサイドスタンドが完成しました。
MOTO GUZZIで何時も話題になるサイドスタンド、ホントに使いずらいですよね!
トンティーであれば車種を選びません。
当方にての取り付けは、傾き、蹴り出しアーム、等の微調整も行います。
勿論、パーツのみの販売もOK!エンジンマウントボルトもロングタイプ(ステン)を
ご用意しています。

・フルKIT ¥25000./取り付け、ロングボルト&ナット、蹴り出しアームSET
・サイドスタンドKIT ¥20000.ロングボルト&ナット、蹴り出しアームSET
・サイドスタンドKIT/B ¥17000.蹴り出しアームSET
以上、税別になります。

発送は本土内一律¥800.常時在庫有りです。
勿論、座ったままでの出し入れは簡単に!
これが出来ないノーマルは、何なんでしょうか?
飛躍的に使い勝手が良くなりますし、万が一にも強いスタンドです。
LeMansU改LeMansTに装着、使い勝手は最高!
これが普通のサイドでしょ!
左はノーマルから交換後の写真。ノーマルは超、使い難いサイド(オ−トリターン)の代表。外すのにも”反対側に少し傾けなければ”ですからね、これは危険です。
ノーマルは小さくて角度も悪く、非常に危険です。
スタンド収納時はこんな感じになり、バンク角も問題なしです。
格段に使いやすくなったサイドスタンド。座ったまま出し入れが出来ます。これは当たり前でしょ!!
当初、オーナーさんも「不要!」なんてコメントしてましたが、装着後は「何故、早く付けなかったのかなー!」。手の平を返した発言です。(笑)
ノーマルスタンドをしまった状態ですが、上手くかわせてます。座ったままで簡単に
出せるので、ホントに楽ですね。

カリフォルニア系にも勿論OK!
このBIKEにこそ必要なのでは・・・。
過去にストーン・アルミニウム(このBIKEもとても楽しかった)に乗っていた時、この長い
サイドスタンドには往生しました。場所は取るし、出し難いし、おまけに自分の足を挟む
はで、最悪でしたね。ビーサンで車両移動の際にサイドを出したまま少しバックして、自分
の足に置く所でした。危なく大怪我するところ・・・。(笑)

このオーナーさんは色々な車両をお持ちで、気分によってBIKEを選んでいたそうですが、
このサイドスタンドのお蔭で、車両の出し入れが非常に面倒、BIKEは面白いのですが、
必然的に乗る回数は減ってしまったとの事。

取り付け後は「こりゃ最高!!」とのコメントでした。

左の写真のようにノーマルスタンドはそのままで、使い分けているようです。
最初から?と言う感じですね。(笑)
使い勝手は最高!!
サイドスタンド収納時はこんな感じ!
マーニアルチューロ(スフィーダ1000もOK!)に装着可能です。
フレームはトンティーと違いますが、ほぼ、同じ位置に装着できました。
ノーマルはオートリターンで非常に使い難いし、危ない!オーナーさんもこれで普通になりましたとお喜びでした!

戻る