改造日記(2)

   

モトグッチ ロッソマンデロです。何故この様なBIKEの絵をのせたかと言いますと、これのコンポーネンツをそっくり3輪車に移植すれば素晴らしいJZRになるのではと画策しているのです。実の所もう既に頼んであるのですが!車種はロッソではなく、V11 SPORT SCURA(中古)というやつで、ほぼ同じものです(足回りがスクラの方はオーリンズ製で高級ですが)。BIKEが増えすぎ維持出来かねるのもありますが、買ったばかりのBMWK1200を下に出し(ほぼ交換)しばらく乗るつもりです。その後パーツ類を剥ぎ取り3輪車に移植です。フロント回りはBMWR100Rにゴッソリ移植し、リア回りはエンジンとともにJZRに積み替えます。これで850ccから1100ccの強力なエンジンになり、インジェクションの為とても乗りやすくなると思います。リアの足が近代的な1本サスで乗り心地もよくなるし、リアのピョコタンとチェンジの度に上がる悪癖もなくなるといいこと尽くめ?かな。又、結構太いホイールもはけます。クラッチも乾式クラッチを従来の複板より単板式として、バックトルクを減少させ、操作フィーリングが格段によくなっています。そしてなんと6速です。
SPECIFICATIONS
形式 4ストロークV型2気筒  総排気量 1,064 cc
ボア ×ストローク 92 × 80mm  最高出力 91ps/7,800rpm
最大トルク 94Nm/6,000rpm  冷却方式 空冷
全長 2,150mm  全幅 785mm  全高 1,090mm
車両重量(乾燥) 221kg
フロントサスペンション オーリンズ製倒立43mmフルアジャスタブル
リアサスペンション オーリンズ製モノショックフルアジャスタブル
駆動方式 ドライブシャフト式
フロントブレーキ フローティングダブルディスク4ピストンキャリバー
リアブレーキ シングルディスク2ピストンキャリバー
タイヤサイズ フロント 120/70 ZR 17
タイヤサイズ リア 180/55 ZR 17
スクーラがやって来ましたよ。なんかバラスのもったいない!
3/21に中央の小淵沢で降り清里をかすめ、野麦峠(ロマンス街道)を越え蓼品で蕎麦を食い、諏訪湖に向かい湖畔の児湯でひっと風呂なんて計画を立てたのですが・・・・・小淵沢で降りたまでは良かったのですが、清里までのワイディングを楽しく攻めていたらだんだん寒くなってきたんです・・・BIKEは難しいですねウエアーが、下界は暑くても温度差10度ぐらいあり清里でUターンです。帰りの中央で思わす7000ぐらい回してしまいました、ナラシ中ですが。やはりこのエンジンは楽しめますよ、下(4000まで)ではドコドコ感があり6000ぐらいからギューンとパワーが炸裂し、2気筒特有の振動(鼓動)がきれいに収束していき手に感じるビリビリも消えます。さすが太陽の道(アウトストラーダ)の国の製品らしく上での伸びが最高!なかなか面白い!ナラシが終わったらカムも入れてみたくなりました。これをJZRに積めば最高に面白そうですね。

6/18(大安)にTELがありました。休日なのですが、大型の旋盤を入れ替える為店に来ていた所、6/26にいよいよ横浜港にJZR入港しますとの連絡です!ヤッターてな感じです。いよいよご対面の日が近ずきました。
上のスクーラのエンジン他を使うつもりでいましたが、マウントやその他の問題が出てきた為早々に譲渡して今度はこのBIKEを手にいれました。勿論エンジン&ミッションをJZRに使用する為です。リア回りもこれを使用するかもしれません。相当パワー出ているらしいのでとても楽しみです。キヤブはFCRが付いていますが、変更するかも(つきがよすぎる?)
4バルブエンジンを搭載していた1000デイトナに、1100スポルト用の2バルブエンジンを積んだこのマシン。しかも、そのエンジンのチューニングメニューがスゴイです。レースにも使えそうなほどパワーアップしているとの事。
外装をはがしエンジンを降ろします。二気筒は簡単でいいですね。
あっという間に単体になりました。ワイフにBIKEを支えてもらっただけで、後はすべて1人でOK.。ミッション付でも何とか動かせます・・腰に注意!(笑)
エンジンなしのフレームは情けない姿です。やはりBIKEはエンジンが肝であります。

NEXT BACK